ヤマハデザイン研究所50周年企画展

秋のデザインウィーク期間中、AXISギャラリーで行われた、
ヤマハデザイン50周年記念展「DESIGN RECIPE」のインスタレーション。
 
ヤマハデザイン50周年を振り返る記念碑的な展示であるため、独自のデザイン流儀を象徴する実際のプロダクトを
数多く展示する事、また、楽器のデザインを始めて意識する人にとっても楽しめる展示となる事を求められた。
 
ヤマハデザインには、独自のデザイン流儀を表現するいくつかのキーワードがある。
その一つ「消費者でもユーザーでもなく、プレーヤーのためのデザイン」という想いに強いインスピレーションを受け、
その想いを展示の中心とする事にした。
 
切り取ったステージの一部分と、楽器を演奏ポジションに配置することを基本に、モノとしての楽器の鑑賞ではなく、
演奏情景そのものを展示することを試みている。
来場者がステージに上がって目線を変える事で、身体感覚を伴って楽器を感じる事も出来る。
また、それぞれの楽器は、展示の入口からは観客の視点、奥からは演奏者の視点で配置している。
これも、「プレーヤービューとオーディエンスビューどちらの視点も意識したデザイン」というヤマハデザイン独自の
デザイン流儀を感じる仕掛けであり、展示空間そのものが一つのステージとして、演奏者の高鳴る感情を、
そして、ステージを目の前にした観客の期待感を感じる事が出来る。
 
この結果、ガラスケースに展示されたプロダクトを鑑賞する展示とは大きく異なる、
ヤマハデザイン独自のインスタレーションとなった。
 
 
2014年 SDAサインデザイン賞 入選
2014年 DSA日本空間デザイン賞 入選
 
 
The installation design project for Yamaha design exhibition "DESIGN RECIPE" in commemoration of YAMAHA design laboratory 50th anniversary which hold at AXIS gallery during Tokyo Design Week.
As this is an memorable exhibition to review 50 years of YAMAHA DESIGN, it was required to display numbers of actual product that represent their unique design philosophy, and also to be entertaining one even for a person who's coming to the instrumental design for the first time.
 
In YAHAMA Design, there are a few keywords to express their unique design philosophy. We are inspired by one of them: "Design for Players. Not for consumers or users."and decided to bring this to core idea for the exhibition.
With cropped stages and instrumentals are placed at actual performing hight, it express and exhibit the performing scene itself not just for display of instrumentals.
Getting up on the stages, visitors can feel the actual perfuming atmosphere by their own nerve.Also, each instrumentals are placed to look: audience viewpoint from entrance, and players viewpoint from back of the room. 
These tricks are another approach to express unique design philosophy of YAMAHA: "Design from both players and audience viewpoint ".
By making whole exhibition space to one stage, visitors can fell the excited emotion of players, and expectancy of audience when they face to the stage.
 
As a result, it became a unique exhibition to express YAMAHA design which is very different from an ordinary exhibition to display products in glass case.

 

PROJECT NAME : ヤマハデザイン研究所50周年企画展

CLIENT : ヤマハ株式会社デザイン研究所

RELEASE DATA : 2013/ 11

CATEGORIES :  Exhibition Design

LIGHTING :  マックスレイ株式会社

PHOTO:Daici Ano

LINK:ヤマハデザイン展2013『DESIGN RECIPE(デザインレシピ)』公式ページ

TAKT STORY 2013/11/15