YAMAHA !/F

!/F(インターフェイス)は、アイデアを生み出し・検証するためのヤマハ社内の共創スペースである。
 
ヤマハ内にとどまらず、社外の個人や企業と共創するためのインターフェイス(接点)であり、
音楽インターフェイスをはじめとした様々な商品・サービスのアイデアを素早く形にし、
「体験をプロトタイピング」する場である。
 
「体験」というキーワードから、空間自体も「場」ではなく「道具」のようにより扱う対象となる事を目指した。
 
素材サンプルやポストイット、ホワイトボードといったこの場所で行なわれる活動に必要な物品を敢えて収納せず、
空間を構成する内装材として捉え直し、インテリアとして昇華させる試みを行なった。
例えば、ポストイットをタイルのように壁一面に貼付けている。
アイデアの議論に必要なポストイットとして、もちろんそのまま利用する事が出来るが、
そのカラフルな色が、内装材として楽しくオープンな雰囲気を作り出している事に貢献する。
 
ポストイット壁の前には、4つの大きなホワイトボードを設置した。
設置したレールに沿って、横移動だけではなく、回転させる事で裏面も使える様になっており、
幾つかのプロジェクトを、同時に平行して進める事が出来る。
また、ホワイトボードその物が移動する事で、平面化したアイディアを、
つき合わせたり、離したりなど、実体として扱う事が出来る。
ホワイトボードを90度回転した位置で固定すると、部屋を緩やかに仕切るパーティションとしても機能する。
 
この場では、ポストイットは道具であり内装材である。
ホワイトボードは道具であり、内装材であり、家具でもある。
 
既存の定義を再解釈し、道具と家具、内装材と道具、場と道具といった境界を曖昧にする事で、
空間自体も「場」ではなく時に「道具」のような存在となり、
利用者により一層「体験」を促すような仕掛けとなる事を目指した。
 
2015年 DSA日本空間デザイン賞 入選
 
 
!/F (Interface) is a space within Yamaha offices designed for collaborative creation where new ideas are born and developed.
 
It is an interface (meeting point) not only for people from Yamaha, but also for external individuals and enterprises to cooperate and create new things together.This space allows various product and service ideas, such as music interfaces, to take shape quickly and be converted into prototypes that people can experience for themselves.
 
The word ‘experience’ aims for this space to become more of a tool rather than an actual place.
 
We created an experiment using material samples, post-it notes, whiteboards and any other elements that would be needed for the activities carried out within this space. The room was built with these elements arranged around the room, not by storing them away but by using them as components of interior design, converting the room into a carefully designed space for those particular activities. For example, post-it notes were affixed along one wall as if they were tiles. These post-it notes can of course be used as normal when discussing ideas, but they also act as interior design elements featuring bright colors that contribute to creating an open and friendly atmosphere.
 
In front of the post-it notes wall, there are four whiteboards. The whiteboards can move sideways along the rail and they can also rotate outward so you can use the other side, allowing you to progress multiple projects at the same time. The whiteboards can also be moved closer or further apart in order to join up or separate various ideas. By rotating the whiteboards by 90 degrees, you can also partition the room into informal sections.
 
In this space, the post-it notes are not only tools, but also elements used for interior design.
The whiteboards act as tools, interior design elements and also furniture.
 
Our objective was to take traditional definitions and reinterpret them in order to blur the boundaries between tools and furniture, interior design elements and tools, and places and tools, so that a space could become not only a place, but sometimes also a tool, allowing users to enjoy more of a personal experience.
 

PROJECT NAME : YAMAHA !/F

CLIENT : ヤマハ株式会社

RELEASE DATA : 2014/ 11

CATEGORIES :  Interior Design

PHOTO:Takumi Ota