Visible Motion

 
 
ミラノトリエンナーレ美術館で行なわれたアイシンのためのインスタレーション。
自動車を構成する部品の多くを製造し、自動車を内部から支え、人とモビリティーの新しい関係性を創り上げるアイシン精機の技術。それは、車の内部におさまった形としては目に見え難いものですが、それらの技術がつくり出す最も大切なものを「美しい動き」と考えて表現する事で、先進的なアイシン精機の技術を表現する事を目指しました。
 
特殊な流体が張られた大きな水盤に、タイヤの接地面が立体的な形としてあらわれ、優美な弧を描き、壮快に走り去り、動きの軌跡だけが表現されます。それは、実体としての自動車の外観ではなく、自動車そのものの美しい動きであり、気配としての表現です。また、大きな水盤と鑑賞者が対峙する事で、動きと鑑賞者が出会い、人とモビリティーとの関係性を生み出し、体験として強く印象づけます。
 
本来は車の内側にあるアイシン精機の先進的な自動車技術を、その技術が創り出す「美しい動き」だけで表現する事で、アイシン精機が目指す人とモビリティーの関係性の創造を端的に伝え、想起させるインスタレーションです。
 
 
During Milan Design Week 2017, TAKT PROJECT installation for Aisin Seiki Co., Ltd. at the Milan Triennale Design Museum.This installation expresses cutting-edge automotive technologies that can normally only be found on the inside of a car. By showing the “beautiful movements” created by such technologies, it aims to evoke the concept of “creation of human-mobility relationship”, which is the goal of AISIN.
 
In a large pool containing a special fluid, a tire’ s contact surface appears in 3D. It forms sweeping arches and passes through effortlessly, only showing tread marks of the movements.The confrontation between the viewer and the large water basin lends way to a meeting of the viewer and movement, creating a sense of the relationship between person and mobility and resulting in a significant experiential impact.

 

PROJECT NAME:Visible Motion

CLIENT : AISIN

RELEASE DATA:2017/04

CATEGORIES:Installation Project

PHOTO & VIDEO: Daisuke Oki(1,5,10,11,15は除く)

LINKTRUNK LTD.