2017 / 11
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

MISSION

TAKT PROJECTの日々

TAKT PROJECT

2017 /11 / 04

富山県美術館開館記念展への参加のお知らせ

富山県美術館で11月16日より開催される 「素材と対話するアートとデザイン / Art and Design, dialogue with materials」に、
自主研究プロジェクト、Dye It Yourself、COMPOSITIONが出展致します。COMPOSITIONは、初公開の新バージョンも出展致します。
 
日本の公共美術館として、はじめて「アート&デザイン」を看板に掲げ、8月に全面開館した富山県美術館。
展示のディレクションは、富山県美術館副館長であり富山県総合デザインセンターの所長も兼任されている桐山登士樹氏です。
この機会に是非ご来場頂けましたら幸いです。
 
 
<開催主旨>
アーティストは創作の過程において、目指す表現や技術を発揮できるよう素材を選んできました。また、デザインのプロセスにおいても素材の選択は重要な要素であり、素材の選択には耐久性、適応性、コストが問われ、素材と加工技術の組み合わせで新しい価値が生まれます。モノを創作することにおいて素材と向き合い対話することは不可欠なものです。 本展では、木や金属から新素材まで、素材とその変容をテーマとした4つのセクションを通して、素材の魅力と素材に触発されて生まれるアートとデザインを紹介します。アルミ、木材、ガラスなど素材の魅力を生かした建築である、この富山県美術館で、素材との対話を通じたアートとデザインとの出会いを創出します。 
 
 
<開催概要>
会期|2017年11月16日(木)~2018年1月8日(月・祝) 
開館時間|9:30〜18:00(入館は17:30まで) 
観覧料|一般:1,300円(1,000円)、大学生:950円(750円)、一般前売り:1,000円
*( )内は20名以上の団体料金
場所|2階 展示室3、4
主催|富山県美術館、北日本新聞社、北日本放送
 
 
 
 
©富山県美術館
 
 
Photo : Masayuki Hayashi
 

2017 /10 / 31

German Design Award 2018 Winner賞を受賞致しました

pecopacoがGerman Design Award 2018において、Winner賞を受賞致しました。
German Design Awardは、1953年設立のドイツデザイン評議会が主催する、国際的に権威のあるデザイン賞です。
世界各国の作品の中からドイツデザイン評議会が作品を推薦し、その推薦を受けて初めてノミネートされることから「賞の中の賞」とも呼ばれています。
 
各賞は最優秀賞である「Gold」、各カテゴリから選出され優秀な作品に贈られる「Winner」、
選出された「Special Mention」「Nominee」によって構成されます。
 
*pecopaco:光伸プランニングが手がける「MONOPURIプロジェクト」によって生まれた製品です。
 
 
 

Photo : Masayuki Hayashi

 

2017 /10 / 14

DESIGNARTオープニングイベントに登壇致します。

デザインとアートを横断する新しいイベントDESIGNARTのオープニングスペシャルイベントPechaKucha Nightにて、弊社代表の吉泉が登壇致します。
予約不要、エントランスフィーは無料との事です。ぜひお越し頂ければと思います。
 
Representative of TAKT PROJECT Satoshi Yoshimizu will be on stage PechaKucha Night at opening special event of new Art & Design event DESIGNART 2017.
The entrance fee is free, We hope you will come.
@Omotesando Hills
time schedule: 17:00-21:00
 
日程:2017年10月16日(月)
場所:表参道ヒルズ本館 地下3F スペース オー
入場:無料 
※ドリンク&フードチケット:1枚1,000円(税込)(500円×2)
プレゼンター:
舘鼻 則孝(アーティスト)
津村 耕佑
山縣 良和 (writtenafterwards)、
吉泉 聡 (TAKT PROJECT)
Claesson Kovisto Rune (CKR)、
Moritz Waldemeyer
SAVE THE ENERGY PROJECT
 
ゲスト:冨永 愛、ニコライ バーグマン
 
 
 

©DESIGNART

 

2017 /09 / 24

新しい漆器のブランド、KISHU+。

手仕事だけ、工業生産だけでも辿り着けない表現。
9月29日〜10月1日の3日間、TAKT PROJECTがデザインディレクションを担当した新しい漆器のブランド「KISHU+」(キシュウプラス) が、渋谷ヒカリエ 8/ COURTにて展示会を開催致します。
 
展示会初日には、ささやかではありますがオープニングレセプションも予定しております。ぜひお気軽にお立ち寄りいただけますと幸いです。
 
会期|2017年 9月29日(金) 〜 10月1日(日) 
時間|11:00 〜 20:00 ( 9月29日 16:00 〜 / 10月1日 〜 18:00 ) 
場所|渋谷ヒカリエ 8/ CORUT
< オープニング レセプション > 
9月29日(金) 18:00 〜 20:00 ※ どなたでもご参加いただけます。
 
TAKT PROJECT will hold an exhibition at Shibuya Hikarie 8 / COURT about a new Japanese lacquerware brand "KISHU+".
On the first day of the exhibition, we are planning an opening reception. We are pleased if you can come and visit us without hesitation.
 
PERIOD|Sept.29-Oct.1, 2017
TIME|11:00-20:00 (Sept.29 16:00-) / Oct.1 -18:00)
LOCATION |Shibuya Hikarie 8/ CORUT
 
 
 

 

 

 

2017 /09 / 03

草木染めの磁器、KUSAKI。

伊万里・有田焼の窯元_瀬兵窯、有田焼の企画販売_ヤマト陶磁器とのコラボレーションによって生まれた、
磁器のインテリアアイテムを発表致しました。
 
特殊な陶土を使い、通常の磁器ではできない植物による染めを施した磁器製品です。
植物の持つ豊かな色合いや、微妙なにじみ具合いにより一つ一つ表情が異なり、
自然の力をかりて生み出される磁器の美しさの新たな表現です。