2019 / 01
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

MISSION

TAKT PROJECTの日々

TAKT PROJECT

2019 /01 / 30

登壇情報

アクトシティ浜松コングレスセンターにて開催されるシンポジウム「音が都市を創る~サウンドデザインが未来を拓く~」に、代表の吉泉がパネリストとして参加いたします。

ユネスコ創造都市ネットワークの音楽分野に、アジアで初めて加盟する浜松市主催のシンポジウムです。
三輪 眞弘さん(IAMAS学長)、川田 学さん(ヤマハ株式会社 デザイン研究所所長)、山本 敬之さん(ローランド株式会社 経営企画室/R-MONO Lab 部長)とご一緒させていただきます。
ぜひご参加ください。
 
<公式リリース>
音が都市を創る ~サウンドデザインが未来を拓く~
地域の特性を活かしながら、社会の課題を解決したり、 新 た な 価 値 を 創 出 す る に は 、創 造 性 と イ ノ ベ ー シ ョ ン が 不可欠です。 浜松市は、世界に誇る多くの起業家や産業技術、個性 豊かな文化を生み出してきた創造都市です。地域の人々が 多様な伝統文化を受け継ぎ、人材や技術の集積を活かした まちづくりに取り組み、「ものづくりのまち」「音楽のまち」と して発展してきました。そして今、音(サウンド)に対する考え 方を広げ、医療、教育、福祉、環境など様々な分野への“音の チカラ”の活用に向けて挑戦を始めています。 このシンポジウムでは、最先端のテクノロジーや分野横断的な アプローチが広げる、都市の新たな可能性について考えます。
 
 
日時:2019年1月31日(木曜日)

場所:アクトシティー浜松 コングレスセンター41会議室
 
 
 
 
 
 
 
©︎ 浜松市
 
 

2019 /01 / 11

MAISON&OBJET Paris

新しい年がはじまりました。TAKT PROJECTより本年最初の投稿です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
パリで開催されるインテリア・デザインの世界最大級の見本市メゾン・エ・オブジェ・パリ2019年1月展(1月18日 - 22日)への出展をお知らせ致します。
 

TAKT PROJECTがデザインディレクション・デザインを担当する漆器ブランド KISHU+(http://kishu-plus.jp/)が昨年に続き2度目の出展を致します。「先端工芸」をキーワードに、新しい技術を取り入れ、これまで培った技や表現をより一層拡張するための取り組みを続けるKISHU+。「AKARI IN JAPAN」をコンセプトに、3つの照明プロダクトに焦点を当てた発表を致します。漆器の光に魅力を見いだし、漆器を日本のあかりを創り出すための照明として再解釈したプロダクトです。
 
「AKARI IN JAPAN 」
陰翳の存在が、光の表情を幾重にも豊かにする。日本人の感性は、眩く輝くような光ではなく、陰翳にこそ光の美を感じ取るのです。光を纏い湛えるかのように深みのある艶を放つ漆器は、光に対する日本の感性を体現する存在です。漆器が持つそんな陰翳の美を、照明として昇華しました。それは、空間に光を与えるのではなく、陰影を生み出すための照明、つまり日本のあかりです。
 
 
MAISON&OBJET Paris – January 18-22, 2019
 
会期|2019年1月18日(金)~ 22日(火)

開館時間|9:30〜19:00(最終日は18:00まで)

展示場所|Hall 6 — Stand M134
会場|Paris Nord Villepinte → google map
 
 
 
Happy new year. Thank you for your kindness last year, and wish you the best for 2019. Our first greeting of the year delivers exciting news about the launching of our collaborative project at Maison et Objet 2019 from January 18th to 22nd. We will be much pleased to see you there, so do swing by. 
 
At this year’s Maison et Objet, the world’s largest interior design fair, the lacquerware brand KISHU+ whose design direction was led by TAKT PROJECT is on show for the two consecutive years. Craftmanship and modern technology, as its main imperative, KISHU+ continues to extend the techniques and expression that have been honed to this date. The three lightings that it presents focus on the concept of 'Akari in Japan' and reinterpret enduring charm of existing lacquerware as Japanese lighting.  
 
AKARI IN JAPAN 
 
‘Akari' in Japanese means 'light source' in English, it is not bright and dazzling light like the sun, but light with warm feeling and light with shadow. The presence of the shadow enriches the expressions of light from many different perspectives. The sensitivity of Japanese people deeply feels the beauty not in the light, but in even the shadow. Lacquerware with a deep gloss like filled with full light is playing a role in embodying Japanese sensitivity to light. Lacquerware with the beauty of such shadow is incarnation of into lighting. It is lighting not only gives light to space, but also creates shadows, that is, 'Akari in Japan'.
 
 
 
MAISON&OBJET Paris – January 18-22, 2019
 
Period|January 18th – 22th, 2019
Time|09:30 – 19:00( January 22th will be closed at 18:00 )
Venue|Paris Nord Villepinte( → google map ), Hall 6 — Stand M134
 
 
 
 
 
MICHIKAKE  /  Wall light
 
KOMOREBI  /  Stand light
 
SHIZUKU  /  Pendant light
 
 
Photo:Masayuki Hayashi