2017 / 06
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

MISSION

TAKT PROJECTの日々

TAKT PROJECT

2016 /07 / 29

未来のブティック「eBoutique 2020」期間限定オープン

7月30日より、銀座ソニービル5F「ソニーイノベーションラウンジ」にて、
Fashion Entertainments(FES)さんのコンセプト展示「eBoutique 2020」が期間限定オープンいたします。
 
FESは、ファッションのデジタル化を進めるソニーの新規事業創出プログラムのスタートアッププロジェクト。
第一弾製品「柄が変わる時計FES Watch」のデザインをはじめ、
TAKT PROJECTでは、これまで様々な形でデザインサポートをさせて頂いております。
 
今回の「eBoutique 2020」は、ファッションのデジタル化の可能性を感じて頂くため、
電子ペーパーという素材に、ファッションという方角を与えた様々な素材サンプルや、
ファッションアイテムの形を与えた素材サンプルを展示し、
腕時計だけではないファッションのデジタル化をより具体的に予感させる展示となっております。
 
TAKT PROJECTでは、展示企画コンセプト、展示空間デザイン、素材サンプルデザイン、素材サンプル製作など、
FESとのコラボレーションのもと、全面的にデザインサポートをさせて頂きました。
 
ファッションのデジタル化の可能性を、ぜひご覧になって頂ければと思います。
 
 
<eBoutique 2020 概要>
・開催期間 : 2016年7月30日(土)~9月30日(金)予定
       ※9月5日(月)のソニービル休館日を除く
・営業時間 : 11:00~19:00
・住所   : 東京・銀座 ソニービル 5F「ソニーイノベーションラウンジ」5Cフロア
       〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-1  http://www.sonybuilding.jp/access/
 
 
 
 

2016 /07 / 15

強度を印刷する

モノプリに出展している作品のご紹介です。
UV印刷の厚盛り技術を再解釈し、薄い紙にフレームとしてUV印刷を行ないました。紙が強度を持った構造体になります。
文字や絵柄を表現するためではなく、強度を与えるための印刷として考える。印刷の可能性を拡げる試みです。
 
 
<作品名>
peco paco(ペコパコ)
 
<コンセプト>
文字や絵柄を表現するための印刷ではなく、
強度を与えるための印刷として考える事は出来ないだろうか?
それだけでは自立出来ない薄い紙に、骨組みの様にUV印刷を施しました。
UV印刷特有の厚盛りが、繊細な紙に強さを与えていきます。そして、強度が表現になります。
凸と凹は、どちらがかけても成り立たない、表裏一体の関係です。
プリントがなければモノにならない、モノがなければプリント出来ない、
そんな凸凹の意味から生まれた不思議な構造体です。
 
 
3連休中、渋谷ヒカリエ8F COURTにて展示中です。
是非ご覧になって頂ければと思います!
 
 
pecp paco折り畳まれた状態。
 
peco pacoが立ち上がった状態。
それだけでは立ち上がれない薄い紙が、UV印刷によって強度が与えられ、構造体になります。
 
好きな形に出来ます。
 
グニャっと有機的な形にも。
 
薄い紙にUV印刷でフレームを与える実験。
 
構造化し強度を持った薄い紙。
 
UV印刷の様々な調整と試行錯誤。
 
 

2016 /07 / 12

展示会参加のお知らせ

モノにプリントする実験的なプロジェクト『モノプリ』に参加させて頂きました。
今週末15日〜18日まで、渋谷ヒカリエ8F COURTにてお披露目会があります。
トークショーには代表の吉泉も参加させて頂きます。
ぜひご来場頂ければと思います。
 
 
会期:2016年7月15日(金) - 2016年7月18日(月)

時間:11:00 - 20:00(7/15は16:00から、7/18は18:00まで)

オープニングパーティー:7/15 18:00〜

トークショー:7/15 18:30〜
(登壇者:原 壯/光伸プランニング代表・吉泉 聡/TAKT PROJECT代表・minna )

場所:渋谷ヒカリエ8/COURT

料金:入場無料
事前申込:不要
 
 
 
 
 
 

2016 /06 / 13

日経デザインにてご紹介頂きました。

日経デザイン6月号特集「ミラノサローネ2016 注目ブランドの最新デザイン」にて、
TAKT PROJECTのCOMPOSITIONをご紹介頂きました。
プロジェクトの背景や展示の目的や成果について、丁寧にご紹介頂いております。
 
ぜひご覧になって頂ければと思います。
 
 
©NIKKEI DESIGN
 
 

2016 /06 / 06

弊社代表の吉泉がトークセッションに参加致しました。

弊社代表の吉泉が、東京大学山中研究室企画展"MAKING MAKE"展にて、
「根源的に考える」というテーマのもと、
デザインエンジニアで東京大学教授の山中俊治さん、
山中研第4期共同研究生でパナソニック株式会社デザイナーの川野孝典さんと
トークセッションを行ないました。
 
"MAKING MAKE プロトタイプの制作絵巻"は6月11日(土)までです。
「作り方」にフォーカスした同展示は、モノ作りとその視点を見つける楽しさに溢れていました。